カンボジアに笑顔がいっぱい

ソクサバーイ?(お元気ですか?) NGO MAKE THE HEAVEN カンボジア担当からの活動報告です。 世界の子ども達の笑顔を増やす為、それには自分達が楽しむことから。 【問い合わせ】cambodia@maketheheaven.com 【HP】http://www.maketheheaven.com/cambodia/ 

サッカー教室

カンボジアにもサッカーのプロリーグがあります。
そしてその中に日本人オーナーのチームがあります。

その名も“カンボジアンタイガーFC”
ソンハーくんという大人気マスコットがいる、
とても気持ちのいい方達が運営していらっしゃる素敵なチームです。 

カンボジアンタイガーFCの方々はくっくま孤児院の子ども達を試合に招待して下さったりしています。

先日はやす選手ととも選手がサッカー教室をして下さいました。
DSC01712


とても日差しが強い中、子ども達は大喜びで暑さなんてなんのその。
DSC01719

まずはボールに慣れるところから
ということで転がってますが…
ネコみたい。笑
DSC01713
DSC01714

 なんだかすごく上手そうな雰囲気。(雰囲気だけ。笑)
DSC01733DSC01745

男の子達はもちろん
DSC01768
DSC01759
DSC01773

 女の子達も楽しそう♪
DSC01754
DSC01757

最後にはミニゲームも。
DSC01805
DSC01799

ちなみにスポーツ万能のチョンヒエンは
前回カンボジアンタイガーFCの試合を観に行ってから
将来の夢を“サッカー選手”に急変更。

“来年のカンボジア代表になる”
と言っています。笑

さぁ、くっくま孤児院からサッカー選手は生まれるのでしょうか?
DSC01793
 

                         えりこ@東京
そんなカンボジアンタイガーFCの選手の方達とも交流ができちゃうかも?

サッカー日本代表戦観戦ツアーの詳細はこちらから
newsimg3
 

スタディツアーQ&A

12月スタディツアー、お申し込みありがとうございました!

もうすぐカンボジアですね♪

今回のスタディツアー、参加者・ゲスト・スタッフ合わせて、40名以上の大所帯ツアーになる予定です。
みんなで思いっきりカンボジアを楽しみましょう!
いろんなところでこどもたちが待ってますよ~♪

このQ&Aは、必要に応じて更新するので、たま~に見てみてくださいね。

それではいきます!


【パスポートの取得・確認!】

パスポートの手配は終了していますね?

入国予定日から、6ヶ月間以上の残存有効期間がありますか!?

パスポートのコピーを、1枚カンボジアにお持ち下さい!!



【ビザ取得】 

カンボジアビザは、到着したシェムリアップ空港でみんなで取得します!
ビザ持ってない〜 って心配しないで下さいね。
引率スタッフが空港でみなさんをご案内します。

●ビザ取得方法

パスポート ・ 証明写真1枚 ・ 申請用紙 ・ 30USドル
をお持ち下さい。


~記入方法~例

・Date of entry (入国日)       23/12/2015
・Date of departure(出国日)     30/12/2015
・Port of Embarkation(入国地)      Siem Reap
・Means of transportation(入国交通手段)   By air

・Adress during the visit(滞在先ホテル名のみでOK)  Raksmey Chanreath Hotel

・Purpose of visit to Kingdom of Cambodia(訪問目的) Tourist
・Port of Disembarkation(出国地)           Phnom Penh
・Means of transportation(出国交通手段)         By air
・Organization or Person to be visited(訪問予定地) Angkol Wat


NGO MAKE THE HEAVEN カンボジア事務所
No.154 St369, S/K. ChbaAmpov2,
Khan MeanChey, PhnomPenh
TEL:092-982-040(楠美和 携帯)



【持ち物について】

●持ってきてほしいもの

★お宝な一品

期間中、オークションをします。 全額をカンボジアの支援にさせて頂きます。
そこで、みなさんがお持ちのお宝一品を、ぜひお持ち下さい。
サイン入りTシャツ・写真集・使わなくなった何か・
心をこめてつくった何か・僕の歌・私の踊り・変顔  などなど・・・

物でも、出し物でも何でもかまいません! 

どんどん金額をみんなで競り上げて、楽しく支援をしましょう♪

(無い人は持ってこなくても大丈夫です。)


★サンタさんやトナカイの衣装

クリスマスパーティー用♪
暑いカンボジア、みんなで着て、クリスマスの雰囲気を盛り上げましょう。

百均などで売ってる、帽子等で大丈夫ですよ。


【デジカメ等電気製品の充電について】

カンボジアは、220V、50Hzです。
お持ちのデジカメ等は、今ほとんど220V対応になっていると思うので、
そのままお持ち頂いて、大丈夫です。
差込み口も、ゆるかったりきつかったりするけれど、
日本の2本の差込みで、ほとんど大丈夫です。
もし、日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要でーす。
(ドライヤーとか。ホテルのお部屋に大抵ついています。)



【カンボジアについて】

カンボジアの12月は、乾季です。ほとんど雨は降りません。いちばん過ごしやすい時期です。朝晩は、少し冷えることもあるので、長袖が1枚あるといいかと思います。

日中は、25~30度くらいです。帽子&日焼け止め、などの日よけ対策をお忘れなく。

カンボジアは年中夏みたいなもので、Tシャツ等のラフな格好で大丈夫です。
特にオシャレをして行くようなところは、メイクのツアーではありませんので、どちらかというと、今日汚れます! な方が多いです。

アンコールワットは宗教建築のため、一部区域は肌の露出が多いと入場できなくなっています。
遺跡観光の日は肩の出る服(タンクトップ、キャミソール、お腹が出る服など)や、膝より短いパンツやスカートは避けて下さい。

また孤児院訪問時なども、思春期の子ども達がたくさんいるので
あまり派手、露出の多い服は避けて下さいね。
(あまり露出の多い服を着てた場合、スタッフの方から着替えのお願いをすることがあるかもしれません。)

ツアー中、サンダルやビーサンがとても便利です。 何度も脱いだりしますので。


また、村のホームスティでは、荷物に余裕がある人は、薄~いタオルケットのようなものがあったらいいかもしれません (ホームスティ先で寝ながらはおる為)。
イメージは、飛行機の中で配られる薄い毛布くらいのもの。


村でのホームスティの際や、遠足の時には、
スーツケース等はすべてプノンペンの宿に置いていきます。
小さなボストンバッグ等で、ホームスティ先に移動します。
何かリュックやエコバッグみたいな、1泊用カバンをお持ち下さいね。


ホテルで洗濯も頼めますし、各自で手洗いしてる人も多くいます。
必要に応じて洗剤をお持ち下さい。
干せるように、洗濯ロープとかあったら便利です。100均で売ってます。
(ホテルの洗濯はTシャツ一枚1ドルと割りと高めなので、手洗いをお勧めします。)

シェムリアップ、プノンペン両方ののホテルにプールがついています。
入りたい人は水着をお持ち下さいね。


蚊とかハエがいます。
デング熱対策にもなるので、虫除けや虫刺されのスプレーがあると便利です。
虫除けスプレーは各自、お願いします。


マラリアやデング熱予防へと、昼間の都市部の蚊に注意しましょう。
予防は、蚊に刺されないことです。


バックはバックパックでも、スーツケースでも大丈夫です。
文房具や洋服など、みなさんにプラスで運ぶのをお願いするものが、沢山ありますので、各自荷物の軽装にご協力お願いします。(一人、20キロ1つ、飛行機に預けられます。)


通貨はアメリカドルが使えます。ドルで払って、カンボジアリエルが戻ってきます。
ただ、100ドルとか大きな単位はなかなか使いづらいので、
できるだけ細かくして持ってきたほうがいいです。 (20ドル以下がいいです)
トラベラーズチェックは避け、すべて現金でお持ちください。

全日程を通して、食費を含め、 300ドル前後必要です。
(お土産等いっぱい買いたい人は、もっと多めに持ってくるとよいと思います。)
現地で$がなくなったら、両替をすることも可能です。


あとは、

ツアー中ご自身で見て、どこかカンボジアの子供を支援したい!と思う方が、今までのツアーで沢山いらっしゃいました。
寄付をしたい方は、いくつかの訪問先を紹介しますので、ご自身で決めて頂いて、寄付をお願いします。その分の金額もお持ち下さい。
ご自身で無理のない、支援を考えてみてください。
もちろん、メイクからは強要しません。


水などは現地でペットボトルで売ってます。

また、そのほかの日用品なども、プノンペンで買うことができますので、もし何か忘れても大丈夫ですので、ご安心ください。


【予防接種その他】

予防接種は、個人の判断にお任せしますが、MAKE THE HEAVEN では専門医へのご相談をお勧めします。
今までのツアーでは、10分の1くらいの参加者が事前に予防接種を受けていました。
肝炎や破傷風など いろいろな種類があります。
価格も安くないので、皆さんのご判断におまかせします。
青山学院大学の学生さん達は、学校の指導に従って下さいね。


ツアー中の健康管理ですが、いつも2人くらいの方が、下痢になっています。
疲れがたまって体が弱っている時に、それに何かの食べたものが反応して、たいてい熱がちょっと出て、お腹を壊してしまいます。

カンボジアのトイレには、紙がないことが多々あります。
女性のみなさんトイレットペーパーは、必需品です。

もしツアー中、具合が悪くなって、病院に行くことになっても、海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで治療を受けることが出来ます。
また、プノンペンには日本人のお医者さまが開業されましましたので、ご安心ください。
日本のお薬を処方してもらえます。
シェムリアップにも大きなインターナショナル病院があるので心配ありません。

くっくまがミュージカルになります!!!!

なななんと2016年1月、
くっくま孤児院のミュージカルが上演されます!
main_1175_310_174

このミュージカル、くっくまでお母さんをしている美和と、子ども達のストーリーが、実話を基に描かれる予定です♪
すごくないですかー?
detail_1175_1440843064

孤児院をやっていると、とーっても色んなことがあります。笑
きっと今まで表に出していない、あんなことやこんなことが描かれちゃうかも。。

このミュージカルを通して、もっとたくさんの人達にくっくま孤児院を知ってもらいたい。
そしてたくさんの人達と共に子ども達の笑顔を支えて、未来を描いていきたいとおもっています。
detail_1175_1440843743

そこで。

みなさんのお願いがあります。

必要なミュージカル制作費をこれから集めていく中で、プロデューサーのまきりかさんが9月18日より、Makuakeにてクラウドファンディングサイトを開始されています。

クラウドファンディングとは、「夢を実現したい!」「自分たちの活動をもっと広めたい!」といった思いを持つ人が、その思いをクラウドファンディングサイト上で発表し、その思いに賛同してくれる人達にお金で応援して頂くサービスとなります。

ただ、クラウドファンディングの特徴は「お金を支援して終わり」ではなく「お金を出してくれた人に必ずモノやサービスでお返しをする」ということです。

今回、支援金額は1500円〜150000円まで選んで頂けます!
応援して下さった方には素敵なくっくまグッズやミュージカルにご招待等のお礼をご用意しております。

このプロジェクトをよりたくさんの人に観て頂けるように、Makuakeでのクラウドファンディングページにご協力頂けないでしょうか?

お仕事等お忙しいところ恐縮ですが、もしお時間ございましたら、是非一度、Makuakeのページを見て頂けると嬉しいです。

※くっくまミュージカル応援プロジェクト(ミュージカルの詳細も載っています)
https://www.makuake.com/project/ccmha-musical/

この目標金額を達成する為に、みんなでスタート時からどんどん達成%を上げていくと、このプロジェクトが世間にも注目されるそうです。
くっくま孤児院て何?
くっくまミュージカルって何?
という検索が増える為にも、できるだけお早めのご協力をお願いしています。

いつもお願いばかりで恐縮ですが、これからもメイクザヘブンカンボジア&くっくま孤児院への応援をよろしくお願い致します!
そして、皆様の活動で今後私達にも何かお手伝いできることがありましたら、いつでも協力させて下さい。
みなさんが毎日笑顔で過ごせるよう祈っています。
detail_1175_1440839049

NPO法人 MAKE THE HEAVEN Cambodia Project
スタッフ一同


スタツア感想

笑顔いっぱいのスタディツアーが終了しました♪
DSC01323

それにしても参加者のみんな、どれだけいい笑顔しちゃってるんですか。
DSC01338
11220827_1629147567360492_5974088225198086387_n
11892222_1629090130699569_260036639427492580_n

カンボジアの子ども達の笑顔だけじゃなくて
毎回のツアーでみんなのこんな笑顔を見れるこの仕事は
本当に幸せな仕事だなぁと思います。
10517561_1629088677366381_4342900635357327344_n11169245_1629088820699700_1900228110970983887_n
11951996_1629089420699640_393033447775423149_n
DSC01368
DSC01389

そんなみんなの感想文をアップします。
子ども達と再会を約束してたみんな、またカンボジアに来てね!
待ってます。
11924972_1629205920687990_8601076334079360562_n

                      えりこ@カンボジア事務所



7日間とても楽しい毎日でした。
こんなに面白いメンバーが揃っていて、この第24回で参加できて本当に良かったなと思っています。

色々な場所に連れて行ってもらったり、美味しいものを沢山食べさせてもらいましたがそのひとつひとつにスタッフの皆さんが『カンボジアを楽しんで欲しいな』という思いを持って一生懸命企画してくれたり、案内してくれている事がひしひしと伝わって来ました。

今回子ども達の愛らしい笑顔をたくさん見れて、とても心が満たされました。
この笑顔がずっとずっと続いて欲しいと思いました。
そのために私には何ができるのか、これからゆっくり考えていきたいです。
近い将来には娘達ともう一度訪れたいと思っていますので、その時にはまた宜しくお願いします。

(40代 女性)


ツアーが始まる前、自分で申し込んだものの、本当に大丈夫かな?
と不安でいっぱいでした。
でもこの7泊8日、すごく楽しくあっという間に過ぎました。

カンボジアの子ども達のキラキラした目や、素直なところ、魅力的なところがたくさんあって、うまく言葉に表せません。

源ちゃんの曲の歌詞も、日本で聞いてもいいなぁと思っていたけど、くっくまの子達や、バサックスラムの子達と一緒に歌ったり踊ったりしながら、改めて聞くと、本当に心に響いて涙が止まりませんでした。

ツアーの参加メンバーや、えりちゃんやえみぽん、美和ちゃんと出会えたこともすごく嬉しかったです。
本当に個性的なメンバーで、お腹が痛くなるくらい笑って、たくさん刺激も受けて、私にとってすごくすごく貴重な時間となりました。
スタディツアーに参加して本当によかった!!

自分ができることは少ないかもしれないけど、少しでも力になれたらと思います。
カンボジアにも絶対また行きたいです。

(30代 女性)


初海外、初カンボジアということで一人で不安でしたが、同じように一人参加の人が多く、また年齢層も幅広くて色んな人とたくさんのお話しができました。
スタディツアーはカンボジアの国について知るツアーだと思っていて、遺跡巡りや観光等少し固めなイメージを持っていました。
ですが実際は、くっくま孤児院の子ども達やバサックスラムの子ども達との交流、村に一泊二日のお泊まり等、楽しいイベントばかりで、また自由時間もたくさんあって、町をまわったりご飯を探したりなど、自分の目でカンボジアを見る事ができました。

出会う人は、とても優しく私達を迎えてくれて、カンボジアの人たちの温かさを知りました。
ツアーのメンバーも個性的で、このツアーに参加したからこそ出会えた人がたくさんいて、毎日が最高に楽しかったです。
今回のツアーを通して、自分が成長できたのではないかと思います。
今度はもっとクメール語を覚えてカンボジアに来たいです。
ありがとうございました!!

(大学生 女性)



 初めてのカンボジアスタディツアーでふあんもあったけど、みんななかよくしてくれてたのしかったです。
 アンコールワットとかまったくしらなくて、べんきょうできてよかったです。
くっくまの子や、バサックスラムの子や村の子たちは私たちみたいに、ごうかなごはんを食べてなくて、その生活をはじめてしりました。
生活はゆたかじゃないけど、えがおがすてきで、カンボジアっていいなぁと思いました。
またカンボジアにいきたいなぁと思います。
1週間ありがとうございました。

(小学生 女の子)



 子ども達の成長ぶり、そしてカンボジアの発展にびっくり。
くっくま、バサック、村、ゴミ山の小学校、どこの子供達も、田山日本語学校の学生さんも、目がキラキラ輝いていた。
日本の子供達の目もキラキラしていた。
カンボジアは子供も大人もキラキラ輝かせています。
ますます好きになりました。
おいっこ2人との旅行、最初で最後だと思う。
それぞれの知らない部分をいっぱい見れて、子供達と楽しく過ごしていて、私も嬉しかった。
スタディツアーの仲間、メイクのスタッフから今回も色々な事を学ばせて頂いた。
素敵な出会いをありがとうございました。
来てよかった〜♡

(50代 女性) 


期待と不安でいっぱいでしたが、優しいスタッフの方々、参加者の方々のおかげで、無理なく自分のペースで楽しむ事ができました。
日本に帰るとまた仕事で忙しい日々に戻りますが、このスタディツアーで感じた事、学んだ事を思い出しながら、またがんばろうと思います。
たくさんの実りのあったこのツアーは、一生の宝物となりました。
参加させて頂いて本当に良かったです。
ありがとうございました。

(30代 女性)


久しぶりのツアーの旅でした。
ツアーで同行した人達が今は懐かしく思われます。
カンボジアについてはあまり知識がない中で、井戸掘り、地雷の件等奥が深いように聞いています。
今何ができるかと考えるより、皆さんの活動を応援できるよう、考えます。

(60代 女性) 


スタツア感想2へ

スタツア感想2

長いようで短い一週間、盛り沢山でとても楽しく過ごせました。
ありがとうございました。

街は思ったより発展していてビックリしました。
村と街の差が激しく、考えさせられる点もありましたが、やはり人はとても優しく感動しました。

色んな環境の子供と触れ合う事ができ、とても楽しかったです。
どの子供達も目がキラキラで、言葉は通じなくても歓迎してくれているのが伝わってきてとてもうれしかったです。
生活は豊かではないかもしれないけれど、心はとても豊かな子供達と触れ合えて、心が洗われました。

日本からの 参加者さん達とも仲良く楽しく過ごせ、いろんな意味で沢山の学びのあるスタディツアーとなりました。

今までもパパママ大作戦などで関わらせて頂いていましたが、今後は自分の目で見て感じた事をもう一度落とし込んでもっとできることをやっていけたらと思います。

(30代 女性)


私はカンボジアのことを何も知らずにやってきました。
不安でいっぱいでした。
でも、このスタディツアーの仲間に会えて、少しほっとしました。
アンコールワット等の観光もできて良かったです。

プノンペンに行って、くっくまの子たちを見たとき、なみだがでてきそうになりました。
みんな笑顔で元気で、すっごいかわいかったです。
バサックスラムに行った時も楽しく遊べました。
ダンスもとても上手でした。

村に行ったときは、学校のようすを見ることができました。
いっしょうけんめいにやるすがたを見ならわなければと思いました。
夜はクメール語をしゃべれないのに夜遅くまで遊びました。
月明かりの下の水あびも楽しかったです。
色々な経験ができてよかったです。

(中学生 女の子)


今回のツアーに参加して、カンボジアのイメージがかなり変わった。
カンボジア人の日常に貧困や戦いの暗い影が見えると思っていたが、そうではなかったと思った。

孤児院とかスラムの学校の生徒は元気いっぱいだった。
それほど不健康にも見えない。 
支援がなかったらこうまで健全ではなかったのかと思う。
支援はちゃんと役に立ってると実感した。
募金しても、有効に使われてない事例があると聞いていたので、募金とかボランティアに対してどこか冷めたところがあったけど、そういった偏見は薄れたと思う。

自分で予定を立てて旅をしたのではできない体験ができたのでよかった。
ツアーの同行者の人達も興味深い人が多くて、いい出会いだったと思う。

(大学生 男性)


カンボジアとても楽しかったです。
いろんな人と会えて友だちもできてうれしかったです。
わたしは大きくなってはじめてのりょ行だったからドキドキしたけど、みんなやさしくしてくれてうれしかったです。
カンボジアはいつも楽しかったです。
またツアーにさんかしたいです。
ありがとうございます。

(小学生 女の子)



毎日感動感激です。
普段体験できないものを全てここで体験できました。
2人の娘を連れてきたいです。
ありがとうございました!

(40代 女性)



今回のスタディツアーは私にとって2回目のツアーでした。
前回とほとんど変わらない内容でしたが、とても楽しむことができました。

今回のツアーでは、二年という歳月がどれだけ大きいことなのか感じ取ることができました。
建物が変わっていたり、子供達が大きくなっていたり増えていたり、性格が変わっていたり、様々なことを感じました。

みんながいてくれたからツアーが楽しかったし、メイクザヘブンの人達が計画してくれたからこそだと思います。
また来年カンボジアに来ます。

(大学生 女性) 

第7回くっくまツアーが終了しました!

IMG_9109

8月は毎年、沢山のお客様が、メイクザヘブンを訪ねてカンボジアに遊びに来てくれてます!


8月5日~12日は、「森源太と行く! 第7回くっくまツアー」 で、
29名もの参加者さんが来てくれました。


ほんとに素敵な参加者さんたちばかり! 森源太さん今回も引き寄せましたね♪


今回は、半数近くが、なんと!子供たち!
親元を離れて、最高の夏休みを、くっくまの子供たちと過ごしました。

IMG_8388

くっくまの子供たちとたっぷり毎日遊んで、お友達が沢山出来たよね~。


ツアー報告ページを、いつもお世話になっている旅行会社の林さん(apsi)がつくってくれました♪
いつも、バタバタしている私たちの為に、素敵なページありがとうございます!

ツアーの毎日の様子はこちら!!

http://apsi.jp/ccmha7th-tour/


<参加者さんの感想から 一部抜粋>


くっくまの子たちは、小さな頃にいろんなことがあったと思うのに、
そんなことなかったような、笑顔で明るくて、私にわかるように、
頑張って日本語で話してくれて、7日間ずっと笑いっぱなしでした。

早く帰りたいって初日思ってたのに、今はもう帰りたくないって思わせてくれた
カンボジア、最高です。もう大好きです。
全然カンボジアの見方が変わりました。参加して良かったです。



孤児院の子どもたちは、いい意味で私のイメージを180度変えてくれました。
明るく、優しい・・・でもそれだけでなく厳しいこともあるはずなのに、
それをも受け止めるたくましさを感じました。

教えてもらことばかりでした。
考えることの多い、とても楽しいツアー、ずっと続いて欲しいです。



源太さんの講演会も歌も、初めて聴きました。
話にのめり込んでいく感覚、久しぶりに感じて心に響きました。

くっくまの子供が、「日本のみんなが応援してくれるから、私は頑張れる。」って、
直接言ってるのを聞いて、涙が出てきました。
これから、子供たちの沢山の笑顔が見れる様に、自分に出来ること、やっていけたらと思いました。
またくっくまツアーに参加したいです。

もっと早くからこのツアーのこと、知りたかった~。
こんなにも、素晴らしいツアーを企画してくれて、ありがとうございました。




次のくっくまツアーはいつ? くっくま孤児院の子供たちが聞いてきます 笑。

森源太さん、次のツアーはいつですか?


また沢山の参加者さんを連れて、カンボジアに来て下さいね。

いつもいつも本当にありがとう!! 源太ライブは、最高でした!


IMG_7283


さて、メイクザヘブンカンボジアは、今日からスタディツアーです!

第24回のスタディツアーは、どんなドラマが生まれるのでしょうか♪ 

スタッフ一同、これからも心を込めてツアーをつくっていきますね!

募集延長!!

大好評につき、スタディツアー参加者さん募集を延長決定!!
7月後半までお申し込み頂けます☆

☆☆第24回カンボジアスタディツアー☆☆

 世界遺産アンコールワットに、高床式の家にうるるんホームステイ体験、くっくま孤児院&バサックスラムの子ども達と一緒にウォーターパーク♪、日本語学校訪問や他にも盛りだくさん!!


『スタツアに参加して人生が変わっちゃいました』

『生きてきた中で一番幸せな日々でした』

『一生の仲間ができました』

参加者さん達のそんな声のおかげで24回目を迎えたスタディツアー。
24回も続いている人気の秘密、来ればわかりますよ〜

迷ったら迷わず楽しい道へ。

一緒に最高の夏を過ごしましょう♪

詳しくはこちらへ♪
http://maketheheaven.com/cambodia/study/
newsimg3



    
                        えりこ@東京暑くなってきた
 

Q&A

8月2日更新!


第24回スタディツアー、お申し込みありがとうございました~!

もうすぐカンボジアですね♪

今回のスタディツアーは参加者さん・ゲスト・スタッフ合わせて、20名以上のツアーになります。
みんなで思いっきりカンボジアを楽しみましょう!
色んなところで元気なこどもたちが待ってますよ~♪

このQ&Aは、必要に応じて更新するので、たま~に見てみてくださいね。


それではいきます!



【パスポートの取得・確認!】

パスポートの手配は終了していますか?

入国予定日から、6ヶ月間以上の残存有効期間がありますか!?

パスポートのコピーを、1枚カンボジアにお持ち下さい!!




【ビザ取得】 

カンボジアビザは、初日にシェムリアップ空港でみんなで取得します。


●ビザ取得方法

パスポート ・ 証明写真1枚 ・ 申請用紙(飛行機内でもらえます) ・ 30USドル
をお持ち下さい。引率スタッフが誘導します。

~記入方法~


・Date of entry (入国日)       24/08/2015
・Date of departure(出国日)     30/08/2015
・Port of Embarkation(入国地)      SiemReap
・Means of transportation(入国交通手段)   By air

・Adress during the visit(滞在先ホテル名のみでOK) Rakshmay Canrith Hotel

・Purpose of visit to Kingdom of Cambodia(訪問目的) Tourist
・Port of Disembarkation(出国地)           Phnom Penh
・Means of transportation(出国交通手段)         By air
・Organization or Person to be visited(訪問予定地)


NGO MAKE THE HEAVEN カンボジア事務所
No.154 St369, S/K. ChbaAmpov2,
Khan MeanChey, PhnomPenh
TEL:092-982-040(楠美和 携帯)



【デジカメ等電気製品の充電について】

カンボジアは、220V、50Hzです。
お持ちのデジカメ等は、今ほとんど220V対応になっていると思うので、
そのままお持ち頂いて、大丈夫です。差込み口も、ゆるかったりきつかったりするけれど、
日本の2本の差込みで、ほとんど大丈夫です。
もし、日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要でーす。(ドライヤーとか)



【カンボジアについて】
カンボジアの8月は、雨季です。時々雨が降りますが、日本の梅雨とは違い、スコールがさっと降って、それ以外は暑いです。カッパがあるといいかもしれませんが、そんなに使わないかもしれません。

日中は、25〜30度くらいです。帽子&日焼け止め、などの日よけ対策をお忘れなく。

カンボジアは年中夏みたいなもので、Tシャツ等のラフな格好で大丈夫です。
特にオシャレをして行くようなところは、メイクのツアーではありませんので、どちらかというと、今日汚れます! な方が多いです。


ツアー中全日程は、サンダルやビーサンがとても便利です。 何度も脱いだりしますので。
フットサル大会もありますので、やりたい人はスニーカーも持って来て下さいね。


プノンペンで宿泊するホテルにはプールがついています。
泳ぎたい方は水着をお持ち下さい。

また、ツアー中ウォーターパークへ行きます。
プールに入る時、カンボジア人はみんな洋服のまま泳ぎます
Tシャツに短パン、中に水着を着るイメージです。



プレイクラン村に1泊ホームステイ時には、スーツケース等はすべてプノンペンの宿に置いていきます。
小さなボストンバッグ等で、遠足にいきます。
何かリュックやエコバッグみたいな、1泊用カバンをお持ち下さいね。


ホテルで洗濯も頼めますし、たいていみなさん各自手洗いしています。
必要に応じて洗剤をお持ち下さい。


蚊とかハエがいっぱいいます。
デング熱対策にもなるので、虫除けや虫刺されのスプレーがあると便利です。
虫除けスプレーは各自、お願いします。


マラリアやデング熱予防へと、昼間の都市部の蚊に注意しましょう。
予防は、蚊に刺されないことです。


バックはバックパックでも、スーツケースでも大丈夫です。
文房具や洋服など、みなさんにプラスで運ぶのをお願いするものが、沢山ありますので、各自荷物の軽装にご協力お願いします。


通貨はアメリカドルが使えます。ドルで払って、カンボジアリエルが戻ってきます。
ただ、100ドルとか大きな単位はなかなか使いづらいので、
できるだけ細かくして持ってきたほうがいいです。 (20ドル以下がいいです)
トラベラーズチェックは避け、すべて現金でお持ちください。

全日程を通して、約300ドル前後必要です。
(お土産等いっぱい買いたい人は、多めに持ってくるとよいと思います。)


あとは、

ツアー中ご自身で見て、どこかカンボジアの子供を支援したい!と思う方が、今までのツアーで沢山いらっしゃいました。
寄付をしたい方は、いくつかの訪問先を紹介しますので、ご自身で決めて頂いて、寄付をお願いします。その分の金額もお持ち下さい。
ご自身で無理のない、支援を考えてみてください。
もちろん、メイクからは強要しません。


水などは現地でペットボトルで売ってます。

また、そのほかの日用品なども、プノンペンで買うことができますので、もし何か忘れても大丈夫ですので、ご安心ください。


【予防接種その他】

予 防接種は、個人の判断にお任せしますが、MAKE THE HEAVEN では専門医へのご相談をお勧めします。今までのツアーでは、10分の1くらいの参加者が事前に予防接種を受けていました。肝炎や破傷風など いろいろな種類があります。価格も安くないので、皆さんのご判断におまかせします。


ツアー中の健康管理ですが、いつも2人くらいの方が、下痢になっています。
疲れがたまって体が弱っている時に、それに何かの食べたものが反応して、たいてい熱がちょっと出て、お腹を壊してしまいます。

カンボジアのトイレには、紙がないことが多々あります。
女性のみなさんトイレットペーパーは、必需品です。

もしツアー中、具合が悪くなって、病院に行くことになっても、海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで治療を受けることが出来ます。
また、プノンペンには日本人のお医者さまが開業された診療所もありますので、ご安心ください。

最近のカンボジア

“ツアーに参加してみたいけど、不安。。”
という声を聞くので、
最近のカンボジアを紹介♪

そこらじゅう建設ラッシュ(と言ってももう何年もずっと。どんどん発展しています。)の首都プノンペン。
DSC04923
(クレーンで吊上げてるものの上に、おじさん乗っちゃってますけど。
こんなこと日本でやったら大問題。笑)

人に言うと一番驚かれるのが、これ。
『プノンペンには去年イオンモールができたんだよ♪』

どどーん
 IMG_2033

びっくりしましたかー?
カンボジアのイメージと全然違うでしょう?

中には
ダイソー、セリア、吉牛、銀だこ、ペッパーランチ、パンケーキ、ローリーズファーム、Nojima電気、などなど日本でもお馴染みのお店がいっぱい!
 IMG_2039IMG_2038
IMG_2042

(日本にはないお店も色々入っています。) 

ほら、なんだかカンボジアが身近になってきませんか?

 イオン以外にもこんなオシャレなショッピングモールみたいなのとか
IMG_9388

最近は自販機も設置され始めました。
IMG_2044

街中にはおしゃれなカフェもたくさん♪
IMG_9400
IMG_9946
IMG_9393

もちろん、ローカルさもまだまだいっぱいありますよ☆
(というか、こっちのがメインで、おしゃれなのはプノンペンの中の一部地域です。)
IMG_2032RIMG0367

↑スタツアではこんな村に1泊ホームステイ体験に行っちゃいます♪

そしてカンボジアは料理もとってもおいしいんです!!
DSC05190
IMG_1957
IMG_9342

 他にも日本人経営の日本食屋さんもあったり、逆にローカル市場のご飯屋さんもあったり。
 IMG_1954

ツアー中は、みんなのニーズに合わせて
イオンなどにリフレッシュしに行ったり、思いっきりローカルの体験をしに行ったりします♪

他にもマッサージ、スパやお買い物など色んな楽しみ方があるカンボジア。
スタッフがそれぞれの希望に合わせて行きたいところ、食べたいもの、やってみたいこと、
オススメのところへご案内しますよーーー☆ 

それもツアー参加者さん達に満足して帰ってもらえるポイントのひとつ♪

さぁ、スタツア募集期限は7月10日。
ぜひ一緒にカンボジアを遊び尽くしましょう♪


http://maketheheaven.com/cambodia/study/
newsimg3

                      えりこ@大雨東京
 

くっくまツアーQ&A

7月9日更新!


第7回くっくまツアー、お申し込みありがとうございました~!

もうすぐカンボジアですね♪

今回のくっくまツアーは参加者さん・ゲスト・スタッフ合わせて、30名以上の大所帯ツアーになります。
みんなで思いっきりカンボジアを楽しみましょう!
くっくまのこどもたちが待ってますよ~♪

このQ&Aは、必要に応じて更新するので、たま~に見てみてくださいね。


それではいきます!



【パスポートの取得・確認!】

パスポートの手配は終了していますか?

入国予定日から、6ヶ月間以上の残存有効期間がありますか!?

パスポートのコピーを、1枚カンボジアにお持ち下さい!!




【ビザ取得】 

カンボジアビザは、初日にプノンペン空港でみんなで取得します。


●ビザ取得方法

パスポート ・ 証明写真1枚 ・ 申請用紙(飛行機内でもらえます) ・ 30USドル
をお持ち下さい。引率スタッフが誘導します。

~記入方法~


・Date of entry (入国日)       05/08/2013
・Date of departure(出国日)     11/08/2013
・Port of Embarkation(入国地)      Phnom Penh
・Means of transportation(入国交通手段)   By air

・Adress during the visit(滞在先ホテル名のみでOK) Franjipani Living Arts Hotel&Spa

・Purpose of visit to Kingdom of Cambodia(訪問目的) Tourist
・Port of Disembarkation(出国地)           Phnom Penh
・Means of transportation(出国交通手段)         By air
・Organization or Person to be visited(訪問予定地)


NGO MAKE THE HEAVEN カンボジア事務所
No.154 St369, S/K. ChbaAmpov2,
Khan MeanChey, PhnomPenh
TEL:092-982-040(楠美和 携帯)



【デジカメ等電気製品の充電について】

カンボジアは、220V、50Hzです。
お持ちのデジカメ等は、今ほとんど220V対応になっていると思うので、
そのままお持ち頂いて、大丈夫です。差込み口も、ゆるかったりきつかったりするけれど、
日本の2本の差込みで、ほとんど大丈夫です。
もし、日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要でーす。(ドライヤーとか)



【カンボジアについて】
カンボジアの8月は、雨季です。時々雨が降りますが、日本の梅雨とは違い、スコールがさっと降って、それ以外は暑いです。カッパがあるといいかもしれませんが、そんなに使わないかもしれません。

日中は、25~30度くらいです。帽子&日焼け止め、などの日よけ対策をお忘れなく。

カンボジアは年中夏みたいなもので、Tシャツ等のラフな格好で大丈夫です。
特にオシャレをして行くようなところは、メイクのツアーではありませんので、どちらかというと、今日汚れます! な方が多いです。


ツアー中全日程は、サンダルやビーサンがとても便利です。 何度も脱いだりしますので。
フットサル大会もありますので、やりたい人はスニーカーも持って来て下さいね。


プノンペンで宿泊するホテルにはプールがついています。
泳ぎたい方は水着をお持ち下さい。

また、ツアー中遠足で海へ行きます。
海に入る時、カンボジア人はみんな洋服のまま泳ぎます
Tシャツに短パン、中に水着を着るイメージです。



遠足の時には、スーツケース等はすべてプノンペンの宿に置いていきます。
小さなボストンバッグ等で、遠足にいきます。
何かリュックやエコバッグみたいな、1泊用カバンをお持ち下さいね。


ホテルで洗濯も頼めますし、たいていみなさん各自手洗いしています。
必要に応じて洗剤をお持ち下さい。


蚊とかハエがいっぱいいます。
デング熱対策にもなるので、虫除けや虫刺されのスプレーがあると便利です。
虫除けスプレーは各自、お願いします。


マラリアやデング熱予防へと、昼間の都市部の蚊に注意しましょう。
予防は、蚊に刺されないことです。


バックはバックパックでも、スーツケースでも大丈夫です。
文房具や洋服など、みなさんにプラスで運ぶのをお願いするものが、沢山ありますので、各自荷物の軽装にご協力お願いします。


通貨はアメリカドルが使えます。ドルで払って、カンボジアリエルが戻ってきます。
ただ、100ドルとか大きな単位はなかなか使いづらいので、
できるだけ細かくして持ってきたほうがいいです。 (20ドル以下がいいです)
トラベラーズチェックは避け、すべて現金でお持ちください。

全日程を通して、約300ドル前後必要です。
(お土産等いっぱい買いたい人は、多めに持ってくるとよいと思います。)


あとは、

ツアー中ご自身で見て、どこかカンボジアの子供を支援したい!と思う方が、今までのツアーで沢山いらっしゃいました。
寄付をしたい方は、いくつかの訪問先を紹介しますので、ご自身で決めて頂いて、寄付をお願いします。その分の金額もお持ち下さい。
ご自身で無理のない、支援を考えてみてください。
もちろん、メイクからは強要しません。


水などは現地でペットボトルで売ってます。

また、そのほかの日用品なども、プノンペンで買うことができますので、もし何か忘れても大丈夫ですので、ご安心ください。


【予防接種その他】

予 防接種は、個人の判断にお任せしますが、MAKE THE HEAVEN では専門医へのご相談をお勧めします。今までのツアーでは、10分の1くらいの参加者が事前に予防接種を受けていました。肝炎や破傷風など いろいろな種類があります。価格も安くないので、皆さんのご判断におまかせします。


ツアー中の健康管理ですが、いつも2人くらいの方が、下痢になっています。
疲れがたまって体が弱っている時に、それに何かの食べたものが反応して、たいてい熱がちょっと出て、お腹を壊してしまいます。

カンボジアのトイレには、紙がないことが多々あります。
女性のみなさんトイレットペーパーは、必需品です。

もしツアー中、具合が悪くなって、病院に行くことになっても、海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで治療を受けることが出来ます。
また、プノンペンには日本人のお医者さまが開業された診療所もありますので、ご安心ください。
記事検索
  • ライブドアブログ