約1年間、NCCLA孤児院やバサックスラムで日本語を教えてくれた ぱぴこ先生。

今月の27日に帰国します。

NCCLA孤児院へは、週4回通い、日本語を教えていました。

950619a6.jpg
 0a3f7013.jpg


どうやったら、子どもたちにとってわかりやすく、楽しく日本語を教えることができるのか、いつも考え工夫をしていました。

714f5bed.jpg


日本語教師の資格を持っているわけではないぱぴこ先生にとって、10歳以下の子どもたちに日本語を教えることはとても難しかったと思います。

4bfbec6c.jpg


だけれども、1度も教えることが嫌だな~ってことを聞きませんでした。

どんなに子どもたちがひらがなを覚えられなくても(笑)、宿題を忘れていても、ぱぴこ先生は、いつもニコニコしていました。

なぜなら、ぱぴこ先生は、カンボジアの子どもたちが大好きだからです。

NCCLA孤児院の子どもたちやバサックスラムの子どもたちのことが、心から大好きだからです。


バサックへは、週2回通い、教えていました。

8f656ea4.jpg
 db9d2ebd.jpg


歌を教えたり、テストをしたりもしました。

4b4de647.jpg


一生懸命頑張っている子どもたちにとって、もっと日本語の勉強がしやすいように、レベルにあった教科書を探してきて、プレゼントしました。

04a09bd0.jpg


いつも笑顔で一生懸命日本語を教えてくれたぱぴこ先生のことが、子どもたちは大好きです。

1年間一緒に過ごした時間を、子どもたちは、きっと忘れないでしょう。

61340b2d.jpg


来週、ぱぴこ先生のお別れパーティーをします。

ぱぴこ先生、たーくさんたーくさん笑ってね♪

26e48b3d.jpg


美和@カンボジア事務所