井戸の水質再調査を行いました。


2015
年からメイクザヘブンのマイド大作戦により地方の村人に900基くらいの井戸の支援をしました。
 
ido
 

実際、村の人々はヒ素に関する知識が無いため自覚もなく、また 病院へも行けないため 何の病気かわからずに亡くなっていく例があります。

メイクザヘブンでは、もちろん井戸を掘る家の家族にヒ素の危険性について説明しています。 


ヒ素中毒そのものを誤飲してでる急性中毒としては 

嘔吐、下痢、麻痺等の症状がでて わかりやすいが
井戸水などからでは自覚症状の無いまま 数年もの間、
高い濃度のヒ素をとり続けるため、症状は急には出ません。

その結果 皮膚が少しづつ犯され、癌になる危険も
増大し、また他の重大な病気になる可能性もでてくるわけです。

ただ もし井戸からヒ素が検出された場合、
飲むことは当然出来ないが 水浴びや洗濯等に使うのは
問題はないということがわかっています

 

最終的に今回採取したのは18ヶ所の井戸の水でした。
それをRDIに提出して 結果が届いているので報告します。

水質検査結果

 NO       村       ヒ素量  検査年

1.            プレイクラン村①    20ppb      2015

2.            プレイクラン村②     5ppb       2015

3.            プレイクラン村③    0ppb      2015

4.            チュンチャップ村①   0ppb    2015

5.            チュンチャップ村②   0ppb    2015

6.            チュンチャップ村③   0ppb    2015

7.            アン村①        5ppb    2015

8.            アン村②        10ppb   2015

9.            アン村③        5ppb    2015

10.         ベェン村①       5ppb    2015

11.         べェン村②       10ppb    2015

12.         べェン村③       10ppb    2015

13.         プレイソムラウン村①  10ppb    2015

14.         プレイソムラウン村②   5ppb    2015

15.         プレイソムラウン村③   0ppb     2015

16.         ロルッス村①       0ppb    2015

17.         ロルッス村②       0ppb    2015

18.         ロルッス村③       0ppb    2015


という結果になりました。



カンボジアの飲み水としての基準は50ppb以下とされているので

今回再調査した井戸は全て問題ありませんでした!!

それぞれの井戸の周辺に掘った井戸も、水源は同じですので
今回の18ヶ所の周りにある井戸も大丈夫だということになります。
 

         
水質再調査をしたことによって、村の人々が引き続き安心して綺麗な水を使うことが出来ています。


これからも村人が安全な水を使えるようにご支援をよろしくお願いいたします。


 

 @maketheheaven cambodiaoffice.sophath