今回のカンボジアスタディツアーが私にとって初めての海外旅行でした。
まさか初めてがカンボジアになるなんて思っていもいなかったけれど、今では最高の選択をしたと思っています。

普段の日本での生活では“自分は日本人だ”と感じることは本当に少ないけれど、カンボジアで日本人としての自覚が初めて芽生えました。
周りには結構海外での経験が多い子もいて、たくさん助けられました。

最初行く前は全然仲良くなかった青短の仲間達とこんなに仲良くなれたのもすべて、えりこさん、えみこさん、りおくん、源太さん、美和さん、ソパートやカニャー達のニコニコまぶしい位の笑顔のおかげだと思っています。
このツアーに思い切って参加して、色んな人と話せて、触れ合えて本当によかったです。

特にくっくまやスラムで歌ったり踊ったりしている時にすごい幸せを感じて、もっと多くの人々にあのキラキラした目を、上手な踊りをみてほしいなと心から思いました。

日本中の人がこのスタディツアーに参加して、このカンボジアの空気に触れて、子ども達に会えば、きっとカンボジアにとっても日本にとってもプラスに働くだろうなと感じたし、自分がその手伝いというか、助けになりたいと思う程の充実感や幸せな気持ちでいっぱいのツアーでした。

来年もその後もずっと続いてほしいです。
何年後かに必ずまた参加したいから!
本当に本当にありがとうございました。

(大学1年生 女性)



今回のスタディツアー、とにかく毎日笑って笑って笑って…
“楽しかった”の一言に尽きます。

今まで学校の授業やボランティアで耳にする支援は、貧しいから援助する、生活が苦しいから助ける、といったようなネガティブな要素が前面に出ていた様な気がします。
でも、今回のツアーでは、支援という言葉を忘れるくらい、私自身が楽しんで、笑顔やパワーを分けてもらったと感じています。

沢山の子ども達に出会えた8日間でしたが、特に印象的だったのがくっくまの子ども達でした。
孤児院というと今までは身寄りのない子どもが集められ、薄暗くてせまくて幸福とは縁遠い所という先入観が強く、心が痛くなるのではないかと心配していました。
しかし実際は、みんな笑っていて、本当の兄弟みたいで、なんだかうらやましくなりました。
楽しいことも、辛いこともみんなで分け合って、あんなに小さいうちからお互いを尊重し合っていて、全てを笑い飛ばせる強さを持っていることをとても感じました。
くっくまの子達から学ぶことは本当にたくさんあると思います。

彼らが貧しくてかわいそうだからではなく、昨日より今日、今日より明日、もっともっと笑っていてほしいから、日本に帰っても彼らの支えになれたら、と考えています。
物質的にな豊かさだけが幸せじゃない、ということを痛切に感じて、人を幸せにするのは 人の心だと思いました。

猛暑の中、初めてのアジア圏で、生活の違いと分刻みのスケジュールに初めは戸惑いましたが、体調を崩すどころか、日ごとに私自身の笑顔も元気も増してきて、最終日の今日は日本に帰りたくない気持ちでいっぱいです。

今回のツアーを通して、カンボジア人とはもちろん、普段の生活では巡り会えない様な方とも出会うことができました。
えみこさんやえりこさん、たった一人で海外ツアーに参加した小学生、かばちんさんや源太さん…
本当に皆さん温かくて、 考え方も刺激を受ける方達ばかりでした。
皆今までやってきたことや境遇はバラバラなのに、今こうして皆で笑って、同じ歌を歌って踊ることに何の違和感も感じませんでした。

村では普段の私の生活とは対極的な体験をし、シャワーも携帯も使えない中で、多少の不便さはあったものの、それらの必要性は感じなかったことかが自分の中での驚きでした。
ホテルやイオン等、近代的で新しいものをつくるよりも、今ここにある昔からの人々の生活を壊さないように、失われないようにする為の援助の方が、私は意味があると思います。

考えることも、学ぶことも多過ぎて、8日間じゃとても足りませんでした。
必ずまた来ます。
本当に、本当にお世話になりました。

(大学1年生 女性)



8日間カンボジアで過ごしてみて、今言えるのは本当に本当に楽しくて、人も国もすごく暖かくて、またカンボジアに来たい!!ということです。

このツアーに参加しようと思ったのは、カンボジアに実際に行ってみたいという気持ちが大きかったからです。
私は多分中学生の頃からカンボジアに行ってみたいと思っていました。
昔はどこにあるのかも分からなかったけれど、貧困国にカンボジアというのをテレビ等で見て行ってみたいと思ったのだと思います。

カンボジアに着いてから思ったこととしては、まず暑いです。
日本が冬だったからこそ、すごく暑く感じました。

ツアー内容としては本当に本当に盛り沢山で、早朝のアンコールワットは本当に眠かったけれど、朝日がキレイに見えたし、サーカスは本当に感動して、絶対にもう一度見に行きたいし、国内線に乗れたのも良かったし、くっくまの子、バサックの子、村の子達とたくさん遊べたのも、日本では本気で走り回ることがないからすっきりしました。

日本語学校やくっくまの子とは、日本語で話すことができたため、本当に色々なことを話せました。
村で雑魚寝をするのも、このツアーだからこそできたことだと思ったので、絶対にまたこのツアーに参加します。

次に参加する時は、源太さんの歌を覚えてきて、クメール語をもっと覚えてきたいです。
またMAKE THE HEAVEN の他のツアーにも参加したいです。
また日本にいても、今回のツアーで出会った子達の支援をできるということなので、実際に遊んで私もたくさんのことを得ることができたので、是非支援参加したいなと思いました。
本当に本当にこのツアーに参加してよかったです。
ありがとうございました!!

(大学1年生 女性)


今回、スタディツアーに参加しようと思った理由は、「沢山の子どもと出会い、沢山遊びたい」と思ったからでした。
この目的は十分以上に十二分くらい達成されて、本当に楽しかったです。
くっくま、スラム、村、どこの子ども達もみんな可愛くて、いとおしくて…
本当に出会えてよかったし、子ども達と全力で遊んだり踊ったりして、同じ時間を過ごせて幸せでした。

村で子ども達と遊んで、自分はすごい疲れているけど、まだ遊びたい!休んでいるなんてもったいない!!とうずうずしてしまうくらい、子ども達と遊んでることがすごい楽しくて仕方なかったです。

この9日間は1日1日が本当に濃くて、1日を3日に感じてしまうようなくらい濃く、充実した日々でした。
でも9日経ってしまうと、本当に一瞬で終わってしまったように感じています。

色んな方の話しを聞くことが出来たり、色んなものを見たりして、毎日多くの刺激を受けることができました。

メイクザヘブンの活動も、可哀想な子どもに支援物資をあげるのではなく、子ども達の笑顔の為にプレゼントを届ける、という風に見えて、海外支援の仕方やボランティアの見方、考え方が変わりました。

この文章では書ききれない、表せないくらいの感動と経験を沢山することができ、本当に来て良かったと心から思える9日間でした。
カンボジアは素敵な国です。
ここで得た経験は私の財産です。
本当にありがとうございました。

(大学1年生 女性)



この8日間、学びの時間が本当に多かった。
空港に着いた瞬間から今まで、人から、環境から多くのことを吸収できたように思う。
日本で過ごしていたら感じることのできない気持ちを多く得ることができて、テレビや本でしか見ることのできなかった世界を改めて自分の目で見て、手で触れて、耳で聴いて、五感全てを使って体感できて本当に良かった。

田山日本語学校で過ごした時間がとても楽しくて、もっと彼らと話し、交流したかった。
いつか日本語で話せるといいなと思う。

村や支援先に行って何度も思うのは、家族や先生の他に、自分のことを絶対的に見てくれる存在がいるのってとても幸せなことだと思う。
まだまだ支援のいかない子ども達がたくさんいる中で、こんなに多くの愛を受けて育つことができるのは幸せなことだろうなと思った。
子ども達が手を握ってくれて、ハグやキスをしてくれて、ボディランゲージしかできなかったけど、それでも見つめ合って笑い合えることが充分なのかもしれないなと感じた。

今この歳で、この時期に、このメンバーで来れたことが本当に良かったし、意味のあることだと思う。
でも何よりも、源太さんの講演を聞けてとても自分にプラスだったと思う。
全然お話しできなかったけど、講演を聞いてから今まで、私はただただ羨ましくて仕方なかった。
自分のことを表現できて、発信できる場所があって、何より源太さんの存在を、歌を、言葉を待ってる人達がこんなにたくさんいて、ただただ羨ましくて仕方がなかった。
私もいつかこうなりたい。
そう感じることができたから、ここに来て良かったと思った。
8日間、とても幸せで学びの多い時間でした。
ありがとうございました!!

(大学2年生 女性)


私は最初、このツアーを気晴らしの旅行感覚ですごく楽しみにしていました。
あまりお腹を壊すかもとか、財布をとられたりするかもといった不安もあまりなく、軽い気持ちで全力で遊ぼう!と思ってきました。

でも来てみると、1日目からとても濃くて、夕方着いたのにホテルでゆっくりする間もなくおいしい夕ご飯を食べに行って、口に合うかな?と少し不安な所もあったけれど、それを吹き飛ばす位おいしくて、9日間日本のご飯を食べてなかったけれど、全く恋しくなりませんでした。

2日目は4時半出発でアンコールワットに行って朝日を見ました。
すごく眠くて移動のバスの中では寝ていたし、歩くのもフラフラしてたのに、朝日を見た瞬間、パッチリ目が覚めました。
このことを“美しい”と言うんだな、と思った位感動しました。
サーカスも本当すばらしくて、次の日の夜くらいまで恋をしているような気分にさせてもらって、次日本に来る時は必ず見に行こうと思います。

そのあとシェムリアップからプノンペンに移動して、シェムリアップも都会だったけど、プノンペンの都会さには驚きました。
車とバイクの数がすごくて、建物もキレイで…。
同じカンボジアだと思えませんでした。

その次の日から子ども達との交流が増え、毎日良く眠れました。
元々あまり子供は好きじゃなかったからやだな〜と思ってたけど、全く違う!
楽し過ぎだ!!
子供と遊ぶのはこんなにも楽しくて元気をもらえて、つかれているのに体が動いて…。
本当に1日1日があっという間で幸せでした。

そんな幸せな日々の中で、一つだけ悲しくなった出来事があります。
トゥールスレン博物館です。
カンボジアの歴史のことは、来る前の説明会で勉強していたから少しは知っていたけど、改めて博物館に行って衝撃を受けました。
同じ人間なの?と思う位ヒドイことを、なんでできるのか意味がわからなかったし、それがまだ数十年前の出来事だったということに本当にびっくりしたし、信じられなかったです。
でもカンボジアでの期間を楽しむ為にも、今までどんなことがあったのか、ちゃんと知るべきだと強く思いました。

今回、私が一番楽しくて、一番気持ちが広がったのが、村でのホームステイです。
楽しみにしていたと同時に不安もたくさんありました。
風呂が水浴びと聞いて“ウソだろ?”と思ったし、外で寝ると思っていたしで不安だらけでした。
でも実際行ってみたら“水浴びちょー気持ちいい!”だったし、ご飯はおいしいし、市場に行くのにバイクに乗せてもらって、プノンペンとは違くて周りが緑で牛がいる風景の中をさっそうと走るバイクは最高でした。
夜はすばらしい星空で、日本でもみたことのないくらいで、同じ地球なの!?と思うくらいでした。
本当に帰りたくなかった。

9日間、長いなと思っていたけど、こんなに早い9日間は初めてです。
今まで経験したことがないことを沢山できたし、色んな感情や、色んな自分を発見できたし、何よりたくさんの人と出会えて色んな話しが聞けて、自分の人生、まだまだこんなもんじゃない!楽しもう!と思うことが出来ました。
やりたいことを、やりたいと思った時にやる。
私もこんな人生をこれから歩んでいきたいです。
絶対にまたカンボジアに行こうと思います。

(大学1年生 女性)