2010年のジャパンツアーで日本にも来日しているバサックスラムのフンとラウ。

日本のみなさん、2人を覚えていますか?
2010年当時のふたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ラウ
2010_8_16_japantour3804
フン
IMG_2331-65656

あれから6年。
2人は子どもから、青年になってきています。
DSC08904
左ラウ、右フン。


フンは小学生の頃からずっと
『将来はIT関係の仕事に就きたい。』
と言っていました。
その気持ちは今でも変わりません。

大学でコンピューターと英語の勉強を専攻します。
14907765_10207792389551119_1150747771_o

パソコンを習得する為には
プログラミングの為や、
わからないことを調べる際に英語のサイトなどで調べたりする為に
英語力が必須になってきます。

そんなことも考慮にいれ、フンの専攻したいコンピューターだけでなく、
英語も学べる大学を選びました。


ラウはあまり頭が良くありません。
クメール語や算数の勉強を、小学校低学年でつまずいてしまいました。
でもスラムの大人のほとんどは読み書きができないので、
周りに教えてもらえる大人もいなくて、つまずいたまま進級していきました。
なので、勉強へは苦手意識を持っています。

でもそんな中、日本語の勉強は好きでした。
少しずつできるようになる日本語の勉強に、楽しさも感じるようになりました。
DSC08898

そして、興味のある日本語をもっとしっかり勉強して将来の仕事に繋げたいと考えるようになりました。

ラウは今年から田山日本語学校で学ぶことを決めました。


そしてもう1人、バサックスラムで日本語を勉強しているランという女の子も、田山日本語学校で勉強することを決めました。
14423803_10207455685173720_1227671690_o
右から2番目がラン


小さい頃からずっと見て来た子たちが、今こうやってそれぞれが自分の将来を心に決め、
自分の足で歩き出す。

こんな幸せなことはありません。

あと少し。
あと少しで、この子たちが一人前になって、自分の足で歩き出す。

小さな子ども達の、そんな日を心から願っていたあの頃の未来がすぐそばに近づいていると思うと
涙が出そうなほど幸せです。

でも泣くのはまだもう少し早い。

みなさん、もうすぐ自分の道を歩き出す
この子たちのサポートをぜひお願いできませんか?

学校に通う為の費用のサポートを、よろしくお願い致します。


以下、フンからの手紙です。

初めて大学の門をくぐった時、興奮したけれど少し緊張しました。
私はこれまでこのような学校を見たことがなかったので、びっくりしました。
その大学には大きな教室や色々なシステムがあります。
私はこの大学で勉強したいと思いました。
今年の私の目標は、勉強をがんばることです。
私は、日本の皆さんを失望させないようにがんばります。
未来がいいものになるようにがんばります。
知識を自分のものにできるようにがんばります。
最後に、大学に入学する機会を与えるだけでなく、私のことを想い、サポートしてくれてありがとうと言いたいです。 
私はいつも日本のみなさんの幸せと幸福と成功を願っています。

フンより 


応援して頂ける方がいらっしゃいましたら
以下によろしくお願い致します。

【郵便振替口座】

口座番号 01690-5-75086
口座名称 カンボジア支援係

※他の金融機関(一部を除く)から郵便振替口座へのお振込の際は、以下4点をご指定ください。

店名   一六九店(イチロクキュウ店)
預金種目 当座
口座番号 0075086
受取人名 カンボジアシエンカカリ

通信欄に『夢カナエル』とご記入下さい。




                           えりこ